エポスバーチャルカードの特徴とは

エポスバーチャルカードとはなんだ?と思う方も多いはずです!エポスカードを持っている方の中でも、ご存知でない方も決して少なくないと思いますが、この「エポスバーチャルカード」とは、クレジットカードのようにカード現物があるのではなく、ネットデータ上で決済ができるバーチャルカードであり、エポスカードを持っていて会員サイトである「エポスNet」に登録している方が利用できるインターネット専用カードです。

エポスバーチャルカード

 

 

 

 

 

 

 

エポスバーチャルカードとは

エポスバーチャルカードとはエポスカードにプラスされたインターネットショッピング専用のバーチャルカードです。
通常のクレジットカードとは別に、ネット専用のカードとして発行できるカードですが、カード番号やセキュリティコードは実際に発行カードとは別番号で発行されます。
(発行と言ってもETCカードのように別の専用カードが送られるのではなく、デジタル上のカードとなっています)
発行手順および使い方は
➀エポスカード会員ページ(エポスNet)のマイページから「エポスバーチャルカードのお申し込み」をクリック
➁エポスカードの番号、有効期限、生年月日を入力
➂エポスバーチャルカード専用の番号、有効期限、セキュリティコードが発行される
➃エポスバーチャルカードの利用可能額を設定(1万円単位)
➄クレジット決済ができるインターネットサイトの決済画面で発行されたバーチャルカード番号などを入力する
です。
全体的な詳細を箇条書きにすると以下のようになります
■利用限度額は「エポスNet」内で、エポスカードで決められた利用限度額内で決めることが可能
バーチャルカード専用に別枠として利用枠が設けられるのではなく、イメージとしてはETCカードや家族カードと似ています。
違う点はバーチャルカードとして使用できる金額を、利用限度額内で自由に変更できる点であり、利用限度額を低く設定しておけば、万が一、バーチャルカードの情報が誰かに抜き取られた場合でも多額の不正利用をされることを防ぐことが出来ます。
また、バーチャルカードで設定した金額分はエポスカードの利用限度額から差し引かれることとなり、例えば、エポスカードの枠が50万だった場合にバーチャルカードの枠を10万にした場合には、エポスカードの利用限度額は40万となります。追加情報としてこの利用枠の設定はいつでも変更することが可能です
■国際ブランドのVISAカード
国際ブランドのVISAカードと提携していますのでVISAカードが使用できるネットショップで利用することは可能です。
しかし、すべてのVISA提携サイトで利用できるかと言う訳で無いようで、一部利用できないサイトもあるため、事前に確認する必要はあります。
■支払い方法
支払い方法は全て一括支払いとなっています。
■チャージ不要
他のカード会社から発行されているバーチャルカードはチャージが必要なものが多いのですが、エポスバーチャルカードは利用限度額の設定のみで利用できます。
■ポイントも貯まります
通常カードの使用と同じようにポイントが貯まります
■カード番号は何度でも変更可能
バーチャルカードは何度でも退会も、加入も出来ることから、何度でもカード番号を変更することが可能となっています。

エポスバーチャルカードのメリット

バーチャルカードのメリット安全にネットショッピングを楽しめることです。
海外のサイト等でカード決済することにためらってしまう事が多いと思いますが、バーチャルカードの場合には万が一、不正利用されたとしても設定した枠内での利用しかできない事や、エポスカード本体を再発行するなどの手間がかからないことです。
また、利用しないときには、利用限度額を0円にしておけば、いつの間にか利用される心配もありません。

エポスバーチャルカードのデメリット

デメリットとして、利用できない場合も少なくないことです。
VISAカード利用可能なネットショップでも利用できない店舗もあることや、公共料金の支払いなどの継続的に引落しが予定される支払いには使用することが出来ません。

クレジットカード現金化に使用できるか

答えとしては利用することは出来ないと思った方が良いでしょう。
「利用者の不正利用を防止するため」が利用できない理由であり、現金化業者は実際に申し込んだ本人が自身のクレジットカードを所持しているかの確認を行うためです。
バーチャルカードの場合には、その確認作業が出来ないことから、利用できる現金化業者は、ほぼ存在しないはずです。
仮に利用可能な業者があった場合でも、そのようなカードが利用者自らの物かを確認しない、言い換えれば不正利用のクレジットカードでも関係なく利用OKとする業者と関わることは避けたほうがいいでしょう。
バーチャルカードの利用は出来ませんが、エポスカードの利用はどのクレジットカード現金化業者でも利用可能なため、現金化を考える場合はエポスカードを利用すると良いでしょう。
注意点として、ネット上での買い物は必ずバーチャルカードで行っていた場合、突然エポスカードでネット決済を行うとカード会社に不審に思われる可能性も捨てきれないことから、事前にいくつかのサイトで利用実績を作っていたほうがスムーズに手続きが出来ると思います。