アマゾンギフト券を利用してクレジットカードを現金化する方法とは

アマゾンギフト券は、ショッピングサイトのアマゾンからクレジットカードで直接購入することができて、現金化業者の換金率も高いので、クレジットカードの現金化の中でも人気がある商品です。

しかし、人気になったゆえ、最近ではアマゾンギフト券を購入したことにより、クレジットカード会社に現金化を疑われて、クレジットカードが利用停止になったという情報もでてくるようになりました。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止されているので、現金化したことがバレたらクレジットカードの利用停止や強制解約などのペナルティがあり、現金化するのが不安という方も多いのではないでしょうか。

ですが、アマゾンギフト券をクレジットカードで購入すること自体は全く問題が無いので、購入方法さえ気を付ければ現金化を疑われる可能性は低いのです。

この記事では、アマゾンギフト券を利用したクレジットカードの現金化についてご紹介していきます。

amazongift

アマゾンギフト券とは

アマゾンギフト券は、ショッピングサイトのアマゾン内でのみ使うことができる商品券です。ギフト券なので、相手に贈ることができますし、もちろん自分でも使うことができます。

アマゾンギフト券には有効期限がありますが、2017年4月24日以降に購入したものは、購入から一律10年になっているので、よほどのことが無い限りは失効することは無いと思います。

しかし、アマゾンギフト券を現金化する場合は有効期限が長い方が、換金率が高い傾向があるので、入手したらなるべく早く現金化をするようにしましょう。

実物のあるタイプとデジタルタイプがある

アマゾンギフト券には、カードやギフトカードとして実物のあるタイプと、ギフトコードと呼ばれる英数字が並んだものだけが存在するデジタルタイプがあります。

・実物のあるタイプ
実物のあるタイプは、コンビニやアマゾンで購入することができます。3,000円や5,000円など最初から金額が決まっているものや、購入時に金額を指定してカードにチャージできるバイアブルカードと呼ばれるものも存在します。

実態のあるタイプは、カードに記載されているコードをアマゾンのアカウントに反映させることで、金額分のショッピングをすることができます。

また、実物のあるタイプは、他社のギフト券のように相手に手渡すことができるので贈り物などによく利用されます。

・デジタルタイプ
デジタルタイプは、実物のあるタイプに記載されているコードのみが存在するギフト券になります。デジタルタイプは英数字の並んだコードが存在するだけで実物はないので、WEB上ですぐに入手することができ、利用可能になるまでの時間が早いのが特長です。

デジタルタイプのアマゾンギフト券は、実物タイプと同じように、コードをアマゾンのアカウント内に入力することで、残高を増やすことができます。

デジタルタイプでもコードを相手に贈ることで、ギフト券と同じように贈り物としても使うことができます。

アマゾンギフト券を使ったクレジットカード現金化のメリット

アマゾンギフト券は、クレジットカードの現金化の中でも、換金率が高く人気の商品です。なぜアマゾンギフト券の現金化が人気なのでしょうか。人気の理由を詳しくご紹介します。

購入に使えるクレジットカードの種類が豊富

クレジットカードの現金化で使われるギフト券は、購入できるクレジットカードが限定されていることがほとんどです。しかし、アマゾンギフト券は、VISA、mastercard、AmericaExpress、Diners club、JCB、銀聯と世界を代表する国際ブランドがついたクレジットカードであれば購入することができます。

購入の際に、クレジットカードに縛られることがないので、他のギフト券とくらべても入手しやすいのです。

換金率が高い

アマゾンギフト券がクレジットカードの現金化で人気なのは換金率の高さもあります。アマゾンは日本での利用者も多いため、アマゾンギフト券の需要が高く、現金化業者は買い取ってもすぐに売れるため、換金率を高くしても利益が残るのです。

ただし、アマゾンギフト券の買い取りを行っている金券ショップは、アマゾンギフト券専門の業者になります。買取り業者では、アマゾンギフト券の金額が10,000円以上であれば、最大で93%の換金率になる業者も見かけます。
たとえば、10,000円のアマゾンギフト券が9300円で買い取ってもらえるのです。
しかしあくまで最大であるため、実際は80%前後と考えたほうがよいでしょう
(買い取り専門店の場合には実際に利用できる券かの確認があるため、買い取り金が振り込まれるまで数日かかる場合が多いようです)

入手しやすくかなりの高換金率になるアマゾンギフト券が、人気の商品になるのも納得できるのではないでしょうか。

スマホで完結できる

アマゾンギフト券を使ったクレジットカード現金化は、店舗で購入する必要がないので、スマホ一台あればどこでも手続きをすることができます。

たとえば、アマゾンギフト券のEメールタイプを購入すれば、登録したメールアドレスに購入した分のアマゾンギフト券のコードがすぐに届きます。

アマゾンギフト券専門の買い取り業者であれば、Eメールタイプのアマゾンギフト券でも換金することができますから、買取り業者の指示にしたがって、アマゾンギフト券のコードを伝えれば指定された金融機関の口座に換金したお金を振り込んでくれます。

他の金券のように販売している場所まで買いに行く必要もなく、時間も関係ないので、時間と手間を節約することができます。

利用できる金額が多い

アマゾンギフト券を使ったクレジットカードの現金化は、一回で現金化できる金額が多いのが特長です。

たとえば、電子マネーのnanacoやSuicaなどは一回のチャージ金額とひと月の限度額が決まっています。

そのため必要な金額に達するまで何度もチャージと金券の購入をする作業が必要になるので、とても面倒です。
しかし、アマゾンギフト券は購入金額に制限がないので、極端な話、クレジットカードのショッピング利用枠分全ての利用ができてしまうのです。

一度に高額な決済をしてしまえば、クレジットカード会社に疑われてしまいますが、限度額が決まっているのと、限度額を調整するのでは、必要な現金を作るときのスピードが変わってきます。

たとえば、月末までに12万円の現金が必要な場合、一ヵ月のチャージ限度額が10万円の電子マネーではどうやってもお金を作ることができません。しかし、アマゾンギフト券ならショッピング利用枠さえ残っていれば回数と金額を調整すればお金を作ることができるのです。

アマゾンギフト券を使ったクレジットカード現金化の注意点

現金化に便利なアマゾンギフト券の現金化ですが、注意する点もあります。
クレジットカード会社に現金化を疑われないためにも、きちんとした知識が必要になりますので注意点を確認していきましょう。

アマゾンギフト券の現金化は専門業者に依頼する

アマゾンギフト券は、大手金券ショップや現金化業者の多くで買い取りをしていないので、アマゾンギフト券専門の現金化業者を使う必要があります。

なぜなら、アマゾンギフト券は、他の金券とは換金方法が異なるためです。

現金化によく利用されるギフト券や、新幹線の回数券などの金券であれば、実物さえあれば使えるかどうかの見分けがつきます。しかし、アマゾンギフト券では、実物のあるタイプでもデジタルタイプでも、残高を確認するにはコードをアカウントに反映させる必要があるため、見ただけでは本当に使うことができるのかの判断がつかないからです。

一度の購入金額が高額にならないようにする

アマゾンギフト券を購入することは、クレジットカード会社が監視しているため、一度の購入が高額になると利用停止になる恐れがあります。

アマゾン内には、何十万もするような冷蔵庫や洗濯機などの家電などが販売されていますが、それらは利用用途が明確なため、一回の購入金額が高額でも現金化を疑われる危険性は低くなります。

しかし、アマゾンギフト券は、贈り物や景品など複数の利用用途が考えられますが、あまり高額になることは考えにくいため、一度に大量購入をするとクレジットカードの現金化を疑われてしまうので、アマゾンギフト券は一度に大量購入をしないようにしましょう。

短期間に何度も購入しない

アマゾンギフト券を、短期間のうちに頻繁に購入することも、クレジットカード会社に現金化を疑われる原因になります。

なぜなら、アマゾンギフト券に限らず同じ商品を複数回購入しているとクレジットカード会社の監視プログラムに見つかってしまう恐れがあるからです。

クレジットカード会社は、会員の利用履歴を自動の監視プログラムで常に監視をしています。プログラムの中には、購入品目、購入金額、購入回数などチェック項目が設けられているので、アマゾンギフト券を数回購入すると監査プログラムに見つかってしまい、クレジットカードが利用停止になってしまうことがあります。

プログラムが自動で行っているので、利用停止になった場合はクレジットカード会社のサポートセンターに連絡をして、アマゾンギフト券の購入がカード所有者本人の意思であるものと、購入した目的を説明します。

その後、クレジットカード会社の了解が得られれば、利用停止は解除されアマゾンギフト券を購入することができますが、もし、説明しても了解を得られない場合は、そのまま利用停止になった状態になります。

現金化にはEメールタイプを利用する

アマゾンギフト券を使ってクレジットカードの現金化をするなら、Eメールタイプのアマゾンギフト券がおすすめです。

なぜなら購入から入手までWEB上で完結できるので、現金化までのスピードが速いからです。

実物があるタイプのアマゾンギフト券だと、コンビニまで買いに行く必要があり、アマゾンで頼んでも届くまで待たなくてはいけないので、現金化までに時間がかかってしまいます。

しかし、Eメールタイプであれば、アマゾンで注文した直後にメールでコードが届くので、それを現金化業者に依頼すればすぐに現金化をすることができるのです。

クレジットカードのショッピング利用枠をギリギリまで利用しない

アマゾンギフト券を購入する際、クレジットカード会社に現金化を疑われる原因の一つにクレジットカードのキャッシング利用枠の利用残高があります。

なぜなら、キャッシング利用枠の利用残高が残っていない人がアマゾンギフト券を購入しようとした場合、クレジットカード会社は、この人はキャッシング利用枠を使い切ってしまっているけど、それでも現金が足りないから現金化をしようとしている。とういう判断をするからです。

そのため、キャッシング利用枠の利用残高が少ない人は、数万円分のアマゾンギフト券を購入しただけでも、クレジットカードの現金化を疑われて、利用停止にされる可能性があるのです。

キャッシング利用枠の利用残高が残っていない人は、利用残高を減らしてからアマゾンギフト券を購入することを覚えておきましょう。

悪質な業者に気を付ける

アマゾンギフト券を使ったクレジットカードの現金化は、とても簡単にできてしまいます。
ゆえに、それを狙った悪質な現金化業者もいるのが事実です。

たとえば、Eメールタイプのアマゾンギフト券を受け取っておいて、現金を入金してこないようなことは頻繁に起こっています。ギフトコードは履歴が残らないため、一度送ってしまったら確認する手段が無いのです。

利用者も、アマゾンギフト券を使ってクレジットカードの現金化をしたことを知られたくないので、泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

まとめ

アマゾンギフト券は、換金率が高いギフト券や新幹線の回数券よりも購入しやすく、現金化のスピードが速いのが特長です。

実物が無くてもコードだけであればWEB上で完結できるため、スマホ一台あれば現金化ができてしまいます。わざわざでかける必要もなく、時間も関係ないため、忙しいビジネスマンや、学業やバイトで忙しい大学生の方などは利用しやすいのではないでしょうか。

しかし、いくら手軽だからといっても一度に大量購入した場合や、短期間で複数回購入すればクレジットカード会社の監視プログラムにひっかかってしまい、利用停止になる恐れもあるので過度な期待は禁物になります。

また、アマゾンギフト券の現金化業者の中には、詐欺目的で運営しているサイトもあるため、ひっかかってしまえばアマゾンギフト券の残高を全て取られてしまい、クレジットカード会社への返済だけが残ることになります。

そのような被害に遭わないためにも、高換金率などの魅力的な文言に騙されず、信頼と実績のある現金化業者を使うようにしましょう。