お金がない人に必見!金欠を乗り切る方法

働き始めて、社会に出て自分の生活費や趣味等の為にお金を稼いでいる人がほとんどですが、そんな人達でも口を揃えるほど辛いと答えるのが「給料日前の金欠」です。

自分では計画を立てて使っているつもりでも、ふとしたきっかけで出費を迫られる場面に遭遇し、それが何度も続いてしまって気づいた時には、金欠で給料日まで生き残っていれば御の字です。

出来る事なら、日常生活に困ることがないくらいお金が欲しいなって思ってくるでしょうが、そう簡単に出来たら誰だって苦労はしません。

生活を送るうえでの悩みの種である金欠について今回は掲載させていただきますので、お時間がある方は読んで参考にしてみてください。

金欠

給料日前にお金がなくなるのはどんな傾向が多い?

給料日前の金欠について色々と調べてみると、金欠になってしまうのは主にこれらに一つでも該当する人が多くみられました。
その人達の特徴を見ていきましょう。

1.浪費癖がある

誰でもお金が入ると気分が浮かれて今日まで買えなかった物が買えるようになり、その物を買ってしまいがちですがそれはいいと思います。

問題なのは本当に必要な物以外まで軽い気持ちで買ってしまい、浪費癖がついてしまうことです。
ふと気が付くと給料が入ったばかりなのに、次の給料日までお金がなくピンチになってしまう浪費家の気質を持っている人達です。

少しでも我慢して本当に必要な物以外は、余裕のある時まで我慢ができれば金欠は完全回避とまではいきませんが少しのピンチですむでしょう。

しかし、我慢よりも物を買いたい欲求が上回ってしまい、またお金を使ってしますと気が付いた時には遅く後悔してしまう人が多いです。

2.貯金をしていない人

自分で何かしらの目標を立てた上で貯金をしたり、万が一に備えたりで貯金を少なからずしている人もいます。
そんな先のことは分からないし、目標も今は無いからと貯金をしないでいる人も金欠になりやすい傾向があります。

お金が入り、すぐに使うことが無くても、冠婚葬祭や出張などの急な出費がでることはあります。
少しでも貯金を始めていれば問題なかったのに、今月の給料から色々とあり、お金を使う羽目になった場合に金欠だと大ピンチになります。
このようなことを想定して生活をしていれば問題ありませんが、自立し、生活していくという現実は大変なものでもあります。

先に紹介した浪費癖と似ている部分がありますが、貯金の有無で金欠のなりやすさにも影響が出ると言ってもよいでしょう。

3.貯金をしたくてもそんなに給料をもらえない人達

先に紹介した2つに比べると、給料が少ない人に関しては本人を責めにくいことですが、金欠になってしまう傾向の一つとしてご紹介します。

会社勤めでも貰える給料は会社次第なため、働いていてもお給料があまり貰えないという人も出てきます。
もちろん、その人のスキルなどによって給料が違ったり、業種によっても貰える給料は違います。
自分の努力次第で、働き先が変わり、貰える給料も変わります。

自分次第で貰える給料も違うこともありますが、人によって色々な事情もあるとかと思いますが、給料が少ないと生活がきつくなります。
ということは、生活していく上での支払い等をすると手元に残るお金も当然少なくなりますので、金欠になってしまう人は出てしまいます。

今日からでも出来る「金欠を乗り切る方法」について

ここから紹介するのは金欠を上手く乗り切る方法です。

金欠になってしまった以上はもう受け入れるしかありません。
だからと言ってこのまま給料日まで貧しい生活をしろとも言いません。
お金が無いのであればお金を用意して乗り切るしか生きる道はありません。
給料日前まで金欠状態でも乗り切れる方法を紹介しますので参考にしてみて下さい。

1.融資を受ける(キャッシング・カードローン)

収入がある人で、お金を用意する手っ取り早さで言えば、消費者金融のキャッシングや銀行からのカードローンなどの融資を受けて生活を送る上で支障がない程度に用意することです。
ただし、収入があるだけでは誰でも審査に通るわけではありません。
現在・過去にローンを組んだ際の支払い状況で、遅延や滞納などがあると個人の信用情報に傷がつき審査が通らないこともあります。
すでに借入があり、年収と借入金額が見合っていない場合なども融資を受けるのは難しくなっています。

当然ですが、融資を受けたあとは返済義務が生じます。
借入金額以外にも金利が別途で発生するため、返済は少し多めに返す必要がでてきます。

借入は、審査さえ通ってしまえば借りるのは簡単です。
ですが、返済義務が必ず生じるので借りる際は返済計画も同時に立てておかないといけません。

2.家にある不要品を売って現金にする

融資はその後の返済や、そもそも融資を受けれないということで、簡単そうで思っているよりも難しいと候補から外れてしまう事もあります。
そうなると次に考えられることは、家にある不要品を売ることです。

例えば、使わなくなった家電やスマートフォン・パソコン・ゲーム機・漫画・アクセサリーなどを売り少しでもお金にすることです。
これらを売ってお金にする事で、生活費の足しになり、給料日までつなぐことが出来ます。

ただし、この方法は、商品の状態であったり、現在人気があって売れやすいかなどによって買取ってもらう金額が違いますので色々と調べで高く売ろうとすると色々と大変なことでもあります。
少額で一時的なしのぎであれば考えて行動したほうがいいでしょう。

3.クレジットカード現金化を利用する

キャッシング以外でお金を工面する方法としては、お手持ちのクレジットカードで現金化することです。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金に換える方法となります。
この方法は、自分で現金化をする方法と現金化業者に依頼して利用する方法があります。

現金化業者に依頼した場合は、2種類の方法があり、キャッシュバック方式と買取方式があります。
どちらの方法にせよ、現金化業者の数は多数あり、中には悪徳業者もいますので色々と注意も必要となります。

4.身内や知人にお金を借りる

お金が無いのであれば、プライドを捨てて身内や知人にお金を貸してくれるように頭を下げましょう。

情に訴えるのも一つの手段です。

ここで上手く借りれれば丸く収まりますが、お金の貸し借りはとてもシビアです。

額としては数千円単位でも、なかなか返してくれなくて人間関係にヒビが入り、次に貸してくれないどころか、関係に終止符を打ってしまうこともあります。

自分の人柄の悪さが反映されてそもそも貸してくれないこともあります。

これが上手く行くかどうかは自分の性格や日頃の行い次第に左右されるやり方です。

「金欠を乗り切る方法」まとめ

解決

急な出費があっても対応できるように、貯金をできる時にしておいた方が安全と言えます。

金欠状態で生活をしていると、どうにも行かなくなってしまうので色々と考えて行動しましょう。

どうしてもお金が無いときは、借りることも考えた方がいいですが、返せるあてもないのに借りるのは控えましょう。

備えあれば患いなしとは昔の人はよく言った物です…金欠の時には尚更感じるでしょう。